雁门关长城.jpg


雁門関長城は明万暦三十三年(1605年)のために都御史李景元をめぐる古代万里の長城の基地址を再建しました。西から白草口、東から新広武まで、高さ8~10メートル、上は4.6メートル、全長5033メートル、120メートルごとに敵楼を一つ建てます。既存の完全な敵楼には「針かんぬき」「阨」「壮櫓」「天山」などがあります。また、烽火台や堀堀を作って、中国の明代万里の長城の代表作です。